専門の業者を決める時に、やはり気になるのが、料金システムです。
代表的な業者いずれも、独自の料金システムを設定し、非常に幅が広くなっています。

たとえば、アートネイチャーやアデランスなら、十数万から数十万円、それに入会金や育毛剤、さらには、その人の髪の状態によって、色々なケアが必要になり、その分、料金が上乗せされます。
また、リーブ21においては、数十万から数百万円近くの料金が設定されています。
しかし、この料金も、カウンセリングあるいはケアの状況等によって、変化します。

なぜこれほどの幅があるかと言えば、髪の状態は人それぞれであり、しかも、人それぞれで負担できる費用等が異なるからなのです。
利用料金が高ければ、それだけより多くのサービスを受けることができますが、大事なことは、自分の髪の状態に見合い、なおかつ、そこから将来取り戻すことができるような施術を受けられるサービスを選択することです。

意外な料金システムもある

その点を考慮すると、料金システムが高く見られがちなバイオテックは、案外そうではないと思いました。

基本的としている3か月コースがとても良心的な感じです。
サロンでの技術料と自宅で使う育毛剤などのケア商品を合わせて、平均的なコースで、1か月分4万円程、高いコースになると7万~8万円程度です。
それに入会金がプラスされることになります。

確かに、コース期間が3か月毎となっているため、これを年度で受け、さらに育毛剤も様々なものを使用すれば、それなりの費用が掛かることでしょう。
しかし、仮に3か月で済んでしまったり、あるいは、3か月であるなら様子を見て終りにすることも可能で、意外にリーズナブルな価格と言えるかもしれません。

それにホームページで紹介されている2009年のアンケート結果では「満足した」という方が96.1%にものぼり、費用に対してこの結果は素晴らしいと思います。

ただし、重要な点は、発毛・育毛といっても、それなりの費用をお覚悟しなければいけないということですね。