リーブ21と言えば、発毛業界の大手です。
CMに和田アキコや島田紳助などの人気タレントを起用し、非常に高い知名度を得ていますね。でも、そんな発毛業界の大手の気になるサービスはどういったものなのでしょうか。

どんなコースがあるのか

コースとしては、大きく三つに分かれています。ベーシックコース、トータルコース、ビジターコースです。
さらに、ベーシックコースは2つのコースに分かれ、6か月コースと1年コースに。
トータルコースは3つに分かれ、1か月コース、3か月コース、6か月コースになります。

料金としては、ベーシックコースの6か月コースでは367,600円、1年コースでは624,140円と設定されています。
また、トータルコースの1か月コースが295,520円、3か月コースが569,720円、6か月コースが965,560円となっています。
ビジターコースにおいては、47,250円になります。

いずれのコースとも、カウンセリングから始まります。
「発毛診断」「発毛施術」「発毛アドバイス」が専門カウンセラーによって行われ、利用者の発毛状態などに合った発毛プランを立てることで、その後の発毛ケアを決定することになります。

リーブ21の実績を調査

CMでもご覧になった人がいるかもしれませんが、2001年から毎年、全国発毛コンテストというものを行い、全国の利用者で発毛状態を競うようになっています。頑張った発毛実践者を表彰するというものですが、競争意識を持たせることで、発毛ケアの継続を促し、リーブ21のユニークな事業の一環となっています。

体験者の声はいかに?

それではリーブ21を利用された方の声を以下にまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 頭皮の血行を活性化させるブラシのようなもので、刺激を与えたり、市販の育毛剤を塗ったりしていましたが、効果が無かったので、コースを受けることにしました。
    日々のヘアケアを続け、ストレスを溜めないように運動をしたり、食生活もバランスよく摂れるように心がけながら、施術を受けていました。
    髪が増えてからは、周りの人の目が気にならなくなりました。
  • 頭皮や頭髪に良さそうなシャンプーを試しましたが、変化がなかったため、諦め半分で施術を受けました。
    施術を受けることに反対していた家族から、4か月目に「濃くなってる?」と言われたことが嬉しかったです。
  • 通っていましたが、金銭的に難しかったので止めました。
  • 大きな問題となってくるのは料金だと思います。私のような安月給では、なかなか踏み切れる額ではありませんでした。

他には、悪性円形脱毛症から健康な髪の毛の発毛を取り戻したり、あるいは、老人性の脱毛症を軽減させた等、つい諦めてしまいそうな脱毛状態をケアしたという声もありました。

また、リーブ21が体験者に実施したアンケートの中で、発毛実感までに掛かった期間を問うものがありました。料金についても、あまりリーズナブルではないようです。