予防には、シャンプーと頭皮マッサージが大切なケアですが、一番大切なのは、その方法。常識と異なるようですが、シャンプー前に、頭皮マッサージを行うことが有効的なんだそうです。
頭皮が濡れた状態でマッサージを行うと、頭皮にダメージを与えてしまう場合があるから。

また、シャンプーと頭皮マッサージに共通していることは、指を立てて、ゴシゴシこするようにすると、逆効果になってしまうこと。
ここでは、順序良く、頭皮マッサージとシャンプーの正しい行い方をお話していきます。

頭皮をいたわるマッサージ方法

頭皮マッサージの効能は、多くの方がご存知かもしれませんが、頭皮の血行を良くし、髪の毛の毛母細胞から必要な栄養分を摂取することに役立つと言われています。
シャンプー前に行うのが適切で、時間の目安としては、シャンプー前の約3分間が最適です。

また、頭皮マッサージには、指圧が大事であり、指の腹に少し力を入れ、頭皮を圧迫したら離すを繰り返します。イメージとしては、十分な容量のマヨネーズなどを軽くしぼり出す感じです。
さらに、指の腹で頭皮を軽く掴み、前後に動かしてみたり、あるいは、指の先で軽く叩くことが大切になります。
頭皮マッサージのコツとしては、頭皮に少し指圧を加えた後、指の腹で軽く刺激を与える、ということです。

シャンプーは優しい方法で

頭皮マッサージと同様、指の腹を使うのが、コツです。
頭皮は、顔の肌と直結しているため、洗顔をする感じでシャンプーを行うと、非常に効果的です。
最初のステップとしては、両手にお湯を注ぎ、タプタプといった感じで、指の腹を使いながら、髪の毛と頭皮の汚れを落とします。
次に、シャンプー剤を手の平に落とし、後頭部の生え際、耳の後ろ、耳の上とこめかみ、つむじ、前頭部、額の生え際に、泡立てを行います。
そうして、シャンプー剤をすすぎ、一度目に使用した半分の量のシャンプー剤を使い、一度目と同様な箇所に、再度シャンプー剤を満たします。
その後、指の腹を使って、洗いを行いますが、決して指先を立てないようにして下さい。
具体的には、手の平にお湯を溜めるようにしながら、タプタプといった感じでシャンプー剤が頭皮に残らないように、髪の毛全体を洗って行きます。
最後に、指先で髪の毛の根元に触れ、シャンプー剤が頭皮に残っていないかを確認します。
シャンプーの大事な点は、常に優しく髪の毛に触れながら、汚れを落として行くということ。

日頃、ガシガシ洗ってスッキリが日常だった私は、悔い改めています。髪の毛の健康を保つためにも、私と同じように悩んでいる方は、これを機会に見直してみるのもいいですね。