洗髪した後も、薄毛や抜け毛対策には重要なケアです。
タオルドライ後自然乾燥を行うのが理想的ですが、現実的に完全に乾燥させることは難しいことです。
もし半乾きの状態で終了してしまった場合、髪がバサついたり、地肌に雑菌が繁殖したりして、様々なトラブルが起きてしまうそうです。

そうならないためにも、洗髪後にドライヤーでの乾燥を行うことが大切になります。その際に、いくつか注意点があります。

熱に注意
髪の毛は熱に弱く、約70度で変化し、元に戻らない性質をしています。
また、いきなり熱風をかけると、髪の毛のみでなく頭皮にも悪影響を及ぼし、うるおいがなくなり、逆に、薄毛、抜け毛が進行してしまいます。
そのため、ドライヤーをかける場合は、髪の表面に直接熱を浴びせることは、絶対に行わないようにすることです。また、必要以上に乾燥させたり、一点集中で髪の毛に熱風を浴びせることも厳禁です。

正しいドライヤーのかけ方

髪の毛に優しいドライヤーのかけ方とは、どういうものでしょうか?正しいかけ方を調べてみました。

1.タオルで水分をふき取る
洗髪した後、吸収性の優れたタオルで、髪の毛の水分を十分ふき取ります。
タオルで髪を挟み、軽く叩くようにします。
この際、髪をこすらないようにすることが大切です。
髪の毛が傷み、切れ毛や抜け毛等の原因になります。

2.20cm以上離す
髪からドライヤーを20cm以上離し、髪の毛の元から乾かすようにします。
指を髪の毛の中に入れ、空間をあけ、そこにドライヤーの風を送るようにします。

3.髪の毛全体に風を送る
ドライヤーを左右に揺らしながら、髪の毛全体に風を送ります。
髪の毛の中に入れた手を動かすのではなく、ドライヤーの方を動かすようにします。
毛先については、軽く乾かすことで、問題ありません。

4. 気になる部分に育毛剤
髪の毛が薄い感じがしたり、あるいは、抜け毛が気になる箇所があれば、そこに育毛剤をしみこませ、マッサージを行います。
しかし、頭皮の水分が、ある程度なくなったことを、確認してから行うことが大事です。
もし育毛剤のベタつきなどが気になるようなら、ドライヤーを軽く当てて、乾かしましょう。

5.最後の整髪は指で
髪の毛の乾燥が終わったら、軽く整髪をします。
しかし、ブラシや櫛を使うと、髪がからんだり傷んだりするので、なるべく指を使うようにします。

なお、ドライヤーの風量は、1,000W~1,200W程度が、髪の毛に負担を掛けずに、さっと乾かす目安になります。
吹き出し口の小さなものは一点集中で乾かしがちになるので、そういうドライヤーは使用しないようにしましょう。
また、あまりにも高温になってしまうドライヤーも、使用しない方が無難です。

これまで、仕事が忙しくドライヤーに注意するといったことは全くありませんでした。乾かすだけだから、ざっくりで十分。後は、自然乾燥でいいぐらいに思っていたのですが、本当はダメな方法だということを調べてわかりました。
私と同じように乾かすといった行為をないがしろにし、同じ道を辿らないためにも、正しいドライヤーの使用方法を参考にして頂ければと思います。